Brilliant Aroma & Colors
大阪市中央区南船場
お問合せ

  • Facebook Social Icon
  • 藤瀬あおい

今日から集大成の52日間のスタートです




藤瀬あおいです。




今日からまた銀河のエネルギーが大きく変わります!




私は銀河全体を包む大きなエネルギーはマヤ暦の中の


ツォルキン暦をみています。




マヤ文明においての科学水準は非常に高く、


そのレベルは四大文明以上とも言われています。



特に、数学と天文学の発達は驚異的で、


0(ゼロ)の概念を発見したのは世界でマヤ文明が


初とされています。






人も自然の一部と考え、動物も植物も他者と自分の


分離感もなく、すべてを一つとして捉え、


暦も月の満ち欠けや宇宙のリズムに合わせたものでした。





それがマヤ暦の素晴らしさであり、


私がこれを採用している理由です。






マヤ暦の中でも、神官が使っていたと言われる


ツォルキン暦(神聖暦)は260日周期。


(マヤの人たちは複数の暦を使い分けていました)




ツォルキン暦はマヤの時間思想の根幹となるものです。


彼らは「時間」を「意識、エネルギー」として捉えていました。







そのツォルキン暦では、


今回は2018年2月8日~2018年10月25日までの


260日がひとつの年度となります。





13日が最小単位ですが、13×4つの52日間を


1つのグループとして、5つのに分けられていて、



そのうちの最後5つめの「第五の城」が、


9月4日からスタートします。






2018年9月4日~2018年10月25日までは、


「第五の城」つまり、集大成の期間。




刈り入れたものを整理し、再スタートに備える時期。


感動のクライマックスです!




であるとともに、その次にスタートする10/26からの新しい


年に備えて、パワーを温存する時期でもあります。




さあ、9/4は、この時期に相応しい52日間の目標も


立ててみましょう!





今日9月4日からは、ツォルキン暦の『第五の城』と同時に


ツォルキン暦の新しい13日間の始まりでもあります。




それは「赤い月」の13日間。



赤い月(Red Moon)  には、


・ 普遍的な水(Universal Water)


・ 清める(Purifies)


・流れ(Flow)


という意味が元々あって、





キーワードは、


「浄化」


「新しい流れをつくる」


「水の力」


などが挙げられます。




浄化して、クリアになると、


自然と新しい流れを作れます。




もし、新しい流れに乗れないなら、


そこに怖れがあるからなのですね。




怖れを手放すことも、「浄化」にあたります。




自分自身に目を向け、


自分にとって大切なものは何かを


見出していきましょう。







この52日間は、


浄化、新しい流れ、


スピリット、伝える、


先見性、見通す力、


美と調和、仕上げる


という流れで展開していきます。





宇宙エネルギーの流れを意識しながら、


変化の波に乗って楽しみましょうね。



1回の閲覧