• 藤瀬あおい

内面を映し出す「白い鏡」の13日間のスタートです


藤瀬あおいです。



明日からまた銀河のエネルギーが大きく変わります!


マヤ文明においての科学水準は非常に高く、

そのレベルは四大文明以上とも言われています。


特に、数学と天文学の発達は驚異的で、

0(ゼロ)の概念を発見したのは世界でマヤ文明が

初とされています。



人も自然の一部と考え、動物も植物もあなたと私の

分離感もなく、すべてを一つとして捉え、

暦も月の満ち欠けや宇宙のリズムに合わせたものでした。



マヤ暦の中でも、神官が使っていたと言われる

ツォルキン暦(神聖暦)は260日周期。

(マヤの人たちは複数の暦を使い分けていました)


ツォルキン暦はマヤの時間思想の根幹となるものです。

彼らは「時間」を「意識、エネルギー」として捉えていました。



そのツォルキン暦では、明日2018年6月5日から また新しい13日間がスタートです。


それは、

「白い鏡」の13日間。


白い鏡(WhiteMirror)  には、

・ 果てしなさ(Endlessness)

・ 映し出す(Reflects)

・ 秩序(Order)

という意味が元々あって、


「永遠性のある秩序」 「調和・美」 「映し出す」 がというキーワードがあります。



自分の内面が美しいか。 調和がとれているか。 チェックするのにふさわしい時期です。


なぜなら、 それが映し出されるから。



あなたの中の内面に潜む影の部分。


自分に自信が持てなくて自己否定してしまったり、

どこかで染みついた罪悪感から本心に蓋をしていたり、

自分もそうなりたいのに嫉妬で問題をすり替えたり。

などなど。



それらは”エゴ"なのです。

自分勝手と言う意味ではなく、

真実ではない"まやかし"という意味です。



本来の本当のあなたは光だから。



もし、光の周りにエゴをまとっているのだとしたら、

もうそれを手放すことを痛感させられるかも

しれません。


手放すほど、クリアに、ピュアになります。



また、永遠性を考える時期になるかもしれません。

永遠性こそ、本来の「光」です。




鏡と言えば、神社には鏡がありますよね。

そこに映し出されるのは私たちの姿。


私たちの内在神の声が聞こえるくらい

私たちの内面は美しいか。

”エゴ”を手放せているか。


神社参りで、クリアな波動になる時間を持つのも

オススメです。




宇宙は、そのときの自分の波動にあったものを 目の前に用意してくれるといいます。



「白い鏡」の時期は、 とくにそれが顕著に現れるようです。

永遠性ある内面の美しさにも磨きをかけていきましょう☆。・:*:・゚'  

 

0回の閲覧

Brilliant Aroma & Colors
大阪市中央区南船場
お問合せ

  • Facebook Social Icon